主婦に役立つ資格

■主婦と資格

不況で旦那さんのお給料だけでは生活が苦しく、節約だけではどうにもならない、でも借金をするわけにはいかない...と考え、仕事を探そうとしている主婦の方が増えています(実際、借金に走る方もいるのだとか)。

ですが、小さな子どもを抱えた状態の主婦を雇用しようという企業はあまりいませんし、アルバイトやパートでも親に見てもらったり、保育園や幼稚園に子どもを通わせられるような環境にない状況にある方は雇ってもらうのはとても難しい状況です。

それでも、資格があれば企業側にも求人のレジュメに目を留めてもらえますし、面接などに持ち込むこともできます(IT系の資格ならば、意外と企業側からのスカウトメールも来やすいようです)。
結婚して子どもを作ろうかな、でもその後仕事もして兼業主婦になろうか...と考えている方は、早いうちに資格を取っておくことをおすすめしますよ。


■主婦の隠れた趣味

最近は資格を取るのが趣味、という主婦の方もいるようですね。中には司法書士や気象予報士、モーゲージプランナーなど、かなり専門性の高いものを取りにいくツワモノな方もいるから驚きです。

節約が趣味よ!と言ってはばからない方(いるんじゃないでしょうか)におすすめな資格が「ファイナンシャル技能士資格」です。
受験料も学科+実技(個人資産相談業務か保険顧客資産相談業務のいずれかを選択)で計6000円と比較的安価ですし、実生活では役に立つ保険や資産運用についても勉強できるのは非常にポイントが高いと思います(生命保険のプラン選定にも役立ちそうですね)。

求人に生かすのは難しいものでも、資格を取得することでより生活の中のちょっとした事を節約できたりもするので、何か勉強をしてみたいという主婦の方はちょっとお小遣いをためてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


■主婦の資格の代名詞

主婦の取得する資格の代名詞、と言われているのが「調理師免許」です。
大体の家庭では奥さんがメインでごはんを作っていますし、調理の基本などは勉強していても実生活で全く損はありませんから、「料理にはちょっと自信アリ!」という方だけでなく「料理にちょっと自信がなくて...」という主婦の方も取り組んでいるといいかもしれません。資格を取れた!というのも大きな自信につながりますしね。

この調理師免許のいいところは、調理業務のアルバイトやパートでお金を稼ぎながら実務経験を積めるという点です(2年以上の調理業務経験が受験の条件)。ただ、兼業主婦をしながら独学で学科の勉強というのは非常に難しいと思いますので、試験前に講習会などが開催されていたらそれに参加してみるのもいいですよ。

主婦に役立つ資格の関連記事

▲主婦に役立つ資格トップに戻る